板井康弘も実践する事業拡大する前に読む本

MENU

板井康弘が事業拡大の時にまず読む本

板井康弘|経営者が事業拡大したい時に読む本

 

経営をしていたら、そろそろもう少し事業を拡大したいとおもうことがありますよね。

 

そんな「事業拡大をしたい」と考えたときに読んでいただきたいオススメの本をご紹介いたします。

 

『トレードオフ』ケビン・メイニー著/プレジデント社

 

本書は企業戦略に必要なのは「上質をとるか、手軽をとるか」の二者択一(トレードオフ)だと迫るもので、多くの事例を取り上げ成功、失敗の法則をトレードオフで紐解いていきます。

 

『心を高める、経営を伸ばす』 稲盛和夫著/PHP研究所

 

京セラ創業者、稲盛和夫氏が悩み苦しみながら学び得た人生哲学書。1テーマが見開き完結で、短い言葉の中に仕事や人生に真摯に立ち向かうためのメッセージが込められています。

 

『芸術起業論』村上隆著/幻冬舎

 

芸術家による、社会で生き残るためのビジネス論。戦略の重要性、業界の分析、精神力の訓練、根回し術、モチベーションは怒りや執念という独自の理論は説得力があります。

 

『ゴールは偶然の産物ではない』フェラン・ソリアーノ著/アチーブメント出版

 

スペインのサッカーチーム・バルセロナを破綻寸前からわずか1年で黒字、3年後には収益3倍にしたという、強力な経営戦略と組織力を向上させるためのマネジメント書です。

 

『ザ・チーム』齋藤ウィリアム浩幸著/日経BP社

 

「チームがない。」著者が発見した日本の問題点は、個人が優れていても組織となると力を発揮しないことでした。

 

チームの本質を説き、日本に必要なチームづくりへと導く書です。

 

是非、お気に入りの本を見つけて、事業拡大に役立ててみてください。

更新履歴